ウェディングドレスは素材とデザインが決め手!

着心地のいい素材を選びましょう

女性にとって一生に一度の憧れといえば、花嫁さんになることでしょう。純白のウェディングドレスは新婦だけに着ることが許された特別なドレス。たった一日の結婚式のためのドレス選びは絶対に妥協したくないものです。形、色、素材、値段また新郎の衣装との兼ね合いなど選ぶポイントは人によって様々ですが、何よりも自分にとって着心地のいいドレスを選ぶことが大切です。肌に直接触れるものですから、例えばチクチクしたり肌触りが好きじゃなかったりすると、どうしても気になってしまうもの。色やデザインに押されてしまって、優先順位的に後回しになってしまいがちですが、意外と重要な決め手となるものなのです。きれいな光沢が特徴のサテン生地、光沢はないけれど上品な趣のあるシャンタン生地を始め、ベルベット生地やベロア生地など見た目の好みだけでなく、自分にとって着心地のいいドレスを探しましょう。

自分の良さを引き出してくれるデザインを選びましょう

ドレスを選ぶ時、まず目がいくのはデザインでしょう。モデルさんが着ている様々なデザインのドレスを見ては、これを自分が着たらどうなるだろうと、ドレス選びには期待感ばかりが膨らむものです。けれど実際に試着してみると、モデルさんのようにはいかないものです。体型や身長はそう簡単に変えられませんから、ありのままの自分の姿を最大限にきれいに見せてくれるデザインのドレスを見つけることが重要です。ウエストがすっきりと見えるAラインドレス、ボリューム控えめで体のラインが強調されるマーメイドタイプ、胸のすぐ下あたりに切り替えがあってウエストが目立たないエンパイアタイプ、後ろ姿を美しく見せてくれるロングトレーンタイプ、またミニスカートタイプのものなど様々あって迷ってしまいますが、着たいドレスと似合うドレスのバランスをしっかりとって自分が一番きれいに見えるデザインのドレスを選びましょう。

横浜でウェディングドレスを借りる際には、多種多様な素材やデザインの衣装が揃っている店舗で打ち合わせをすることが大事です。